勾玉とは何か?

勾玉とは何か?
古代のパワーストーン?

古代神道呪術において

呪術の中心として

日本人はひすいで勾玉を作成し、

それを崇めていました。

 


日本人にとっての翡翠の歴史は

4000年以上にも

さかのぼるといわれています。

 

勾玉の材料は、ほとんどが翡翠です。

 

勾玉は縄文、弥生時代より

三種の神器の内のひとつとして、

持つことが王の証といわれています。

 

弥生時代には、

卑弥呼の王朝に見られるように

女性主導の文化がさかえました。

 


勾玉を持つことで

心身共に美しくなれると願ったのです。

 

邪馬台国の記述によると、

魏志倭人伝の時代に

魏(中国)に持たせた貢ぎ物は、

真珠が5000に対して、

翡翠勾玉はたったの2つで

あったとされています。

 

古事記では、

天照大御神(アマテラスオオミカミ)は

高天原(タカノアマハラ)を

守るために

完全武装したうえに

全身が埋もれるほどの

勾玉を付けて

須佐之男命(スサノオノミコト)に

立ち向かったとされています。

 


勾玉の形は、

不思議な形をしていますよね。

 

三日月を模したと考える人、

胎児を模したと考える人、

あるいは巨獣の牙であると考える人、

また、

鮫の歯であると思い付く人。

 

勾玉のもつ美しい曲線に

様々な想像を交えた

考え方がありますが、

現実に古代から、

このような形で

不思議な魅力を保ちながら

現存しているのです。

 

「遠い神代の昔から」

という語源のとおり古代人達は、

「何かを信じ」

「何かに縋って」

生きることの安心感を保つために、

勾玉を身に付けたのではないでしょうか。


現代の我々も同様に、

老いたる者も、

若い者も、

何かを信ずるという気持ちは、

常に持っているものです。

 

それが、神であれ、

仏であれ、

或いは、

他の宗教であれ、

何かしら心のより所としての

信仰となっていることは

古代人の人たちと

全く変わりありません。

 


コメント

タイトルとURLをコピーしました